目黒区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 獣医師(目黒区)―

寺田 勝 院長/てらだ動物病院(都立大学駅・犬)の院長紹介ページ

寺田 勝 院長

MASARU TERADA

みんながハッピーになるために。
誠実であることに徹底してこだわっていく。

勤務医を経て、2003年に東急東横線「都立大学駅」より徒歩8分のこの地に開業。銀行員を辞してのち、獣医師を目指したという異色のキャリアを持ち、幅広い視野で地域の動物たちを見守っている。

寺田 勝 院長

寺田 勝 院長

てらだ動物病院

目黒区/八雲/都立大学駅

  • ●犬
  • ●猫
  • ●ウサギ

社会人を経て、夢であった獣医師に

寺田 勝 院長

もともとは、銀行員でした。もう20年も前のことになります。今の仕事についてはそれ以前から考えてはいたのですが、一旦別の道に進み、そこで改めて「やりたいことをやろう」と考えた結果、社会人編入で獣医学部の門を叩いたのです。すでに結婚もしていましたので、迷うところはあったのですが、むしろ家内のほうが私が夢に向かうことを後押ししてくれました。編入試験を受ける前、のちに勤務をすることになる世田谷区の病院で見習いを経験しました。できるかどうかは別にして、あそこで現場にふれられたことで、獣医師になる夢を再確認したというところでしたね。
大学を卒業後、その世田谷区の病院で3年間を勤務医として過ごし、2003年に『てらだ動物病院』を開院、今にいたっています。

誰もが気軽に立ち寄れる、人と動物に優しい病院を目指して

寺田 勝 院長

今年(2016年)の6月に現在の場所でリニューアルオープンを迎えました。コンセプトは、病院らしくない病院といったところでしょうか。院内各所に木を用い、全体的に優しい雰囲気になるよう心を配りました。また、壁はクロスではなく、あえて塗り壁としました。木材と併せ、“呼吸”をするぶん、消臭効果も期待できますし、なにより、どこかあたたかみのある空間になっているのではないでしょうか。どなたも入りやすく、そして居心地のよい空間に仕上がってくれたと思っています。
院内には診察室の他、手術室や入院室、さらにはスタッフルームを設けました。スタッフには、やはりリラックスのできる場所が必要です。人というものは、自分に余裕がない限り、相手に優しくはできないもの。スタッフが働きやすい環境を作ることは、リニューアルに際しての大きな目標でありました。
関わるすべての人が幸せでいられるように、そしてそれが動物や飼い主さんに還元していければと思っています。

まず、飼い主さんがハッピーになっていただくために

寺田 勝 院長

動物たちの状態に合わせて治療を選択していくことになりますが、同時に、飼い主さんがハッピーでいられるようにと考えています。飼い主さんは専門家ではありませんんから、治療の選択に迷われることもありますし、自分の希望をどう伝えたらよいのか、悩まれることもあります。その際、私たちのほうがいかにその方の想いを汲み取り、カバーしていくかということが大切です。
その判断の前提として、しっかりとした診断をつけ、その子の今後について、丁寧な説明が求められます。今を理解していただけることで、初めて物事が前に進んでいくことになりますし、治療という共同作業をおこなっていくベースが築いていけると考えています。

他医療機関と密な連携をはかり、「誠実」に対応していく

症例で最も多いのが、腫瘍や心臓病の子です。人がそうであるように、年を経ることで、これらの病気が増えていくのは仕方のないことではありますが、できる限り早期発見につとめ、治療にも力を傾けていきたいと思っています。多いということでは、皮膚病もそうですね。当院ではトリミングもおこなっていますが、それとリンクする形でシャンプーによる治療にも力を入れており、飲み薬に頼らない治療の充実を目指しています。
獣医療が高度化するに従い、専門性が細かく分かれるようになってきました。私1人でそれらすべてを診られるわけもなく、今後は専門性に富んだ医療機関との連携をシステム化していきたいと考えています。すべてを抱えようとするのではなく、できないことはできないとお伝え、次の選択肢を提示していく。地域の動物病院だからこそ、すべてにおいて誠実な姿勢が求められるのではないでしょうか。

これから受診される患者さんへ

病気が症状として表に出てくるのが遅いのが、動物たちです。おなかの中の腫瘍のように、外から見ただけではわからないことも多いものですから、その意味で、定期的な健康診断は重要です。基礎データがあれば、比較することで変化を容易にとらえることも可能ですし、今健康だからこそ、検査をする意味があると思われます。

自身のスキルを高める努力を続け、飼い主さんに自信を持って「大丈夫ですよ」と安心感を与えられるような医療をめざしていきます。感謝いただけることを当たり前と思わず、それだけの責任を負っていることを自覚し、その想いに報いていきたいですね。

※上記記事は2016.8に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

寺田 勝 院長 MEMO

  • 出身地:東京都
  • 趣味:スポーツ(ラグビー)、釣り
  • 好きな雑誌:スポーツ雑誌
  • 好きな映画:スター・ウォーズ/SF
  • 好きな言葉:誠実
  • 好きなアーティスト:サザンオールスターズ
  • 好きな場所:山

グラフで見る『寺田 勝 院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート