目黒区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 医師(目黒区)―

清水 祐紀 院長/プレシャスクリニック自由が丘(自由が丘駅・美容皮膚科)の院長紹介ページ

清水 祐紀 院長

YUKI SHIMIZU

最先端の美容機器を多数導入して
患者さんに喜んでいただけるような医療を提供する

1984年昭和大学医学部を卒業後、形成外科名門である昭和大学医学部形成外科、日立総合病院で、形成外科医長を歴任後、1995年昭和大学病院形成外科病棟医長、医局長を経て、1998年より講師、2005年に准教授に就任。

清水 祐紀 院長

清水 祐紀 院長

プレシャスクリニック自由が丘

目黒区/自由が丘/自由が丘駅

  • ●美容皮膚科
  • ●形成外科
  • ●皮膚科

医療ドラマに魅せられて、医師になる道を選んだ

清水 祐紀 院長

医療の道を志すきっかけとなったのは「ベン・ケーシー」という医療の現場を舞台にしているアメリカのテレビドラマでした。とても人気のドラマで、腕の立つ脳外科医の主人公「ベン・ケーシー」は幼いながらにかっこいなぁ、と思っていました。医療への憧れや熱意は私が進路を決める年齢になっても薄れることはなく、昭和大学の医学部に進学しました。
大学卒業後、昭和大学や日立製作所日立総合病院形成外科など複数の病院で勤務しながら、様々な患者さんの治療に携わり経験を積んで参りました。「もっと地域の患者さんたちと身近に接しながら患者さんの悩みに向き合っていきたい」という気持ちが強くなり、2016年に開業いたしました。

エンドリフト、ミラドライ、プロショックアイスなど最先端の治療機器を導入

清水 祐紀 院長

当院では、最先端の医療機器を導入することで、患者さんにより良い治療のご提案ができます。例えば「エンドリフト」は超極細ファイバーを目元に挿入することで、たるみを蒸散させる機器です。たるみをなくすだけではなく、老化した細胞を再構築させコラーゲンを活性化させることもできるんですよ。切らない施術ですので、手術はしたくないけど効果を出したい方にはとてもおすすめです。
他には「ミラドライ」という米国FDA承認医療機器を使用して、脇汗や臭いの基となる汗腺を破壊することもできます。破壊された汗腺は再発することもありませんので、半永久な治療法として人気があります。施術後はすぐに日常生活に戻っていただけますので、お仕事帰りなどに施術を行うことも可能なんですよ。
「プロショックアイス」という機器では、冷却と衝撃波を使って脂肪・セルライトを除去します。切らずに施術できますし、治療効果が速く10日~14日程度でサイズダウンできると好評です。他にも最新機器を多数取り揃えておりますので、どんな悩みの方でもお気軽にご相談ください。

カウンセリングには時間をかけて。患者様が納得できる治療法を提案

清水 祐紀 院長

内装は白を基調としており、落ち着いた清潔感のある雰囲気を意識しています。来られる患者さんは女性の方が多いですね。自分の肌や体型などに悩みのある方が受診されます。
診療の際は、しっかりとカウンセリングを行いながら患者さんの悩みに向き合うこと、そして治療方法について患者さんに納得できるように丁寧に説明を行うこと、を大事にしています。美容外科というのは、通常の病気や怪我のように「治療が絶対に必要」「施術しなければ命がなくなってしまう」というようなものではありません。例えば肌がくすんでいても、目元がたるんでいても充分健康で元気に生活はできるわけなのです。でも、患者さん自身は悩んでいますし、患者さん自身の身体に自信をなくしていたり、もっとキレイにしたい、少しでも若返りたいという希望を持っていたりして、当院を受診されるのです。だからこそそんな患者さんの悩みにしっかりと向き合い、悩みを解消するお手伝いができれば、と考えています。お腹がすっきりした、頬がクイっと上がって若返った、など効果が出れば、とても喜んでいただけるので、そんな患者さんの姿を見ると私もとても嬉しく感じます。

自然体で接することで患者さんもリラックスできる

患者さんと接するときは、なるべく自然体で接するようにしたいと思っています。自然体で接することで、患者さんも自然と自分の悩みなどについてお話してくれるようになるんですよね。無理をして「話を引き出そう」とか「心の中の悩みを聞き出そう」などと考えずに話をしていることが良いのだと思います。
今後は患者さんの自己負担で治療する美容外科の分野だけではなく、やけどの傷を治す、できものを取る、といった保険診療も始める予定にしています。形成外科医時代の知識や豊富な経験を活かしながら、もっともっと地域の皆様に気軽に受診していただけるクリニックにしていきたいと思っています。

これから受診される患者さんへ

アンチエイジングには絶対的な自信があります。少しでも若返りたい方、少しでもキレイなスタイルになりたい方、是非当院でご相談ください。リラクゼーションや一時的な心地よさではなく結果にこだわった施術をさせていただきます。お待ちしております。

※上記記事は2017年4月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

清水 祐紀 院長 MEMO

  • 出身地:神奈川県横浜市
  • 趣味:ドラム、ゴルフ
  • 好きな食べ物:肉料理
  • 好きな芸能人:コージー・パウエル
  • 好きな音楽:ハードロック
  • 好きな観光地:沖縄、北海道

グラフで見る『清水 祐紀 院長』のタイプ

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート