目黒区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 歯科医師(目黒区)―

渋澤 龍之 院長/渋澤矯正歯科(自由が丘駅・矯正歯科)の院長紹介ページ

渋澤 龍之 院長

TATSUYUKI SHIBUSAWA

クオリティにこだわり
妥協しない矯正治療を提供する

昭和大学歯学部大学院で学位を取得し、歯科矯正の認定医、顎関節症の専門医の資格を得て、2012年「自由が丘駅」から徒歩3分のこの地に正歯科専門の『渋澤矯正歯科』を開院しました。

渋澤 龍之 院長

渋澤 龍之 院長

渋澤矯正歯科

目黒区/自由が丘/自由が丘駅

  • ●矯正歯科

大学の先生、先輩の影響から矯正治療の道に進むことを決意

渋澤 龍之 院長

私の父をはじめ親戚に歯学界で仕事をしている人たちが多く、子どもの頃からそれを見てきたので、自然の流れで歯学部に進学し歯科医師になりました。歯学のなかでも矯正という分野を選んだのは、優れた先生や先輩方との出会いがあったからです。歯学部の学生だった頃、大学病院の臨床実習のときに指導していただいた先生に、矯正治療の必要性を教えていただき大変興味を持つようになりました。さらに、先輩方が行っている矯正治療を実際に見て、自分も矯正治療の分野に進むことを決めました。
昭和大学歯学部大学院で学位を取得し、歯科矯正の認定医、顎関節症の専門医の資格を得て、2012年東急東横線・東急大井町線「自由が丘駅」から徒歩3分と利便性のよい当地に矯正歯科専門の『渋澤矯正歯科』を開院しました。

クオリティにこだわり、心身の健康にも影響を及ぼす「嚙み合わせ」を改善

渋澤 龍之 院長

当院は、歯列矯正、噛み合わせ、顎関節治療などの総合的な歯科矯正を専門とする歯科医院です。歯科矯正というとお子さんが対象と考える方が多いのですが、当院では成人~中高年の患者さんも矯正治療を多数行っています。
皆さんがご存知のように、「噛む」ことは、生きていくうえでとても重要なことです。歯がなかったり、歯並びや歯の形が悪いために噛み合わせが悪くなると、きちんと噛めなくなり心身の健康にも影響を及ぼします。たとえば、虫歯の治療で歯を削って人工物を入れた部分が原因で噛み合わせに狂いが生じたり、入れ歯を入れたことで残っている歯に乱れが生じたり、口の中の経年変化により矯正治療が必要になる中高年の方が多数いらっしゃるのが現状です。
当院では、入念なカウンセリングで患者さんの訴えやご要望をお聞きし、問題点を整理して治療のゴールを設定しています。また、矯正治療は保険適用外の自由診療ですので、当然ながら治療のクオリティの高さを求められる分野です。クオリティの高い治療の提供はもちろん、患者さんに上質な空間で快適に過ごしていただけるよう院内のデザインにもこだわりました。

初診相談からメンテナンスまで、6つのステップで患者さんに合わせた矯正治療を提供

渋澤 龍之 院長

まずは、(1)「初診相談」を行います。このときに患者さんの訴えをお聞きし、視診により現症を把握し、矯正治療の概略を説明します。次に、(2)「検査」により、顔貌、口腔内、機能、レントゲンなどの検査を行います。必要に応じてCT、MRIの検査をする場合も。(3)「診断」検査結果から、その患者さんに適切な治療方法や方針などをご説明します。(4)「動的治療」矯正装置による歯の移動を行います。(5)「静的治療」歯の移動後の安定を図る治療で、保定装置という取り外し可能な装置を使用します。(6)「メンテナンス」矯正治療終了後の口腔内の経時的変化の管理を行います。以上が矯正治療のおよその流れです。

歯科医師として妥協せず、常に新しい知識や技術を学ぶ姿勢を維持する

大学病院に勤務していた頃からずっと心がけていることですが、まずは患者さんに出来る限りクオリティの高い治療を提供することです。そのためには、歯科医師として妥協せず諦めないこと、常に新しい知識や技術を学ぶ姿勢を維持することを特に大事にしています。
また、矯正治療は治療期間が長くなるケースが多いので、今どんな治療をしているのか、治療はうまく行っているのかなど、現状を患者さんにしっかりと説明することを心がけています。きちんと説明すると、患者さんは納得し安心してくれます。このとき患者さんが不満に思うことや疑問に思うことなども、できるだけお聞きするようにしていますね。

これから受診される患者さんへ

現在、当院には矯正治療を必要とする患者さんが全国から来院されています。たとえば、「欠損歯が何本かあり噛み合わせが悪く、インプラントも必要、そのうえ顎関節症」などの複合的な問題を抱える難しい患者さんが他院からの紹介で来院されることも多く、治療結果についても評価していただいています。
一方で、口の中の経年変化に対して予防的な意味で専門家に一度診てもらおう、という目的で来院される方もいらっしゃいます。将来的に歯を失う確率が高いと診断された場合でも、予防的な意味で矯正治療をするかしないかは、あくまで患者さんの希望により決定します。口や歯のことが気になる方、悩んでいる方、問題を抱えている方たちのお役に立ちたい、という気持ちで毎日診療していますので、まずはお気軽にご相談していただけたらうれしいですね。

※上記記事は2015.1に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

渋澤 龍之 院長 MEMO

  • 出身地:群馬県
  • 趣味・特技:読書・スポーツ
  • 好きな本もしくは愛読書:ミステリー
  • 好きな映画:Life Is Beautiful、Say Anything
  • 好きな言葉もしくは座右の銘:Live as if you were to die tomorrow.Learn as if you were to live forever.
  • 好きなアーティスト:オアシス、U2
  • 好きな場所もしくは観光地:Hawai

グラフで見る『渋澤 龍之 院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート