目黒区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・口コミサイト

院長先生

― 歯科医師(目黒区)―

歌橋 麗華 院長/麗華クリニック(都立大学駅・歯科)の院長紹介ページ

歌橋 麗華 院長

REIKA UTAHASHI

「病気にならない病院」をめざして
歯科を中心に、小児科、内科にも対応

昭和大学歯学部を卒業後、同大学医学部へ。麻酔医として勤務しながら研究にも携わり、医学博士号を取得。その後、出産を経て、「都立大学駅」そばに開業。

歌橋 麗華 院長

歌橋 麗華 院長

麗華クリニック

目黒区/中根/都立大学駅

  • ●歯科

自らの手でコンプレックスを解消したい、そんな気持ちで歯科医師を志す

歌橋 麗華 院長

私は推理小説を読むのが好きなのですが、その反面、文系の科目はあまり得意ではなかったんですね。そのため、「弁護士になりたい」という夢は諦めざるをえず、高校時代は理系のクラスで学ぶことになりました。卒業後の進路を決めるにあたって歯学部を希望したのは、「歯科医師になって、自分の歯を治したい」と考えたためです。子供の頃、薬の副作用で歯が茶色っぽく変色してしまい、そのコンプレックスを自分の手で解消したいと思っていたのです。大学入試の面接でこのようにお話ししたところ、面接官の方たちに笑われてしまいました(笑)当然のことながら、自分の歯を自分で治療することはできません(笑)
大学6年間のカリキュラムを終えると、医学部の麻酔科で研修をはじめました。歯科医師となって、人間の首から上の部分だけを診るのではなく、全身管理ができるようになりたいと希望してのことでした。研修後は、そのまま麻酔医として診療や研究に携わり、医科の分野で博士号を取得。その後、出産を機に退職するまでは大学病院で週5日、フルタイムでの勤務に加えて当直を担当するなど、今につながる貴重な経験を重ねてきました。

歯科を中心に、小児科と内科にも対応する地域密着型クリニック

歌橋 麗華 院長

私が開業を決めたのは、息子が極小未熟児で産まれてきたことがきっかけでした。出産後もNICU(新生児特定集中治療室)から出られずにいる息子のそばに、少しでも長く寄り添っていたい。でも、大学病院勤務を続けていては、その想いを叶えることはできません。と、そんなとき、ちょうどこの建物の前を通りかかって雰囲気の良さに惹かれ、ここで開業しようと決めたんです。それはまだ、出産後ひと月も経たない頃、大変な思いをしながらのスタートでした。とは言え、クリニックと住居の間にあるのは扉一枚ですから、当初は患者さんが息子をあやしてくださったり(笑)。私も、診療の傍ら電話対応をしたり、院内の掃除や医療事務といった裏方的な仕事まで、何もかも1人で頑張っていましたね(笑)。
『麗華クリニック』の開業は息子の存在と大きく関係していますので、歯科に加えて小児科や内科を標榜するということは、開業当時からの強いこだわりでした。私が出産をした聖マリアンナ医科大学のご協力を得て、当院の外来を最初に担当してくださったのは、息子の主治医の先生だったんですよ(笑)。当院も開業から間もなく20年を迎えようとしていますが、今では3世代、4世代にわたるお付き合いという患者さんも多くなってきました。ママに抱っこされていた子が、立派に成人なさって宝塚のスターになったり、「東大に合格しました」なんて、報告してくれることもあるんですよ(笑)。もちろん20年の間には、お亡くなりになった患者さんもいらっしゃいますけれど、こうした出会いと別れ、1つ1つの「ご縁」を大切にしながら日々の診療にあたっています。

予防の考えをベースに、「病気にならない病院」をめざす

歌橋 麗華 院長

『麗華クリニック』のコンセプトを一言であらわすなら、「病気にならない病院」ということになるでしょうか。「病は口から」と言われるように、お口から悪いモノが入ると、体の不調をきたします。ですから、お口の中をいつも清潔にしておくことが、全身の健康につながっていくわけです。当院では、こうした「予防」の考えをベースに、患者さんお1人お1人にあわせた「オートクチュール治療」をご提供しています。
オートクチュールと言いますと、「高級なお洋服」といったイメージがあると思いますけれど、歯科のオートクチュールとは、「自分にぴったりの治療」とでも言いましょうか。当院には、小さなお子さんから100歳に迫るご高齢の方まで、さまざまな年代の患者さんがお越しになりますけれど、お口の中の環境はもちろん、その方の生活スタイルもお悩みも、人それぞれに異なるものです。そのため、歯だけではなくお口全体をみる「1口腔単位」の診療を心がけ、生涯ご自分の歯で食事を召し上がれるように、しっかりサポートしていきたいと思います。と言いましても、私ができるのは、あくまでも「サポート」です。患者さんご自身が、お口の健康が大切であることに気づき、主体的に取り組んでくださるように、丁寧に言葉を尽くしたいと思います。

患者さんとの信頼関係を大切に、出会ったみなさんに幸せになっていただきたい

当院では、「予防」を中心に診療をおこなっているわけですが、病気にならないための予防、老化の予防は、いつから始めたら良いとお考えですか? その答えは、今。まさに今、気がついたときがスタートなのです。私自身、いつまでも美しくありたい女性ですので、「しみ」「しわ」「しらが」といった、「し」の付くものは嫌いですし(笑)、なるべく作らないように努力しています。「予防」の語呂合わせではありませんけれど、ヨボヨボになってから予防をしても遅いのです。私たちは、オギャーと生まれたときから確実に年を取り、時間を巻き戻すことはできません。みなさん、元気なときは気がつかないかもしれませんけれど、今ある健康を大切にし、毎日を悔いなく生きていただきたいと思います。
私が出会った方たちには、幸せになっていただきたい。私はいつも、そんな風に考えながら診療をしています。来院された患者さんが、少しでも健康になり、ハッピーになってくださったら、こんなに嬉しいことはありません。そうした意味では、虫歯や歯周病の治療のほかにも、「しっかり噛める」ようにするというのはとても大切なことで、本来の噛み合わせに戻してあげることで、体の不調まで改善されるケースが多いんですよ。よく噛めるようになると、唾液の分泌が増えて自浄作用がはたらき、お口の中も自然と清潔になるんです。もちろん私は「匠」ではありませんけれど(笑)、私を頼ってくださる患者さんには誠心誠意お応えしたいですし、何よりも患者さんとの信頼関係を大切にしながら診療を続けていきたいと思います。

これから受診される患者さんへ

『麗華クリニック』は、東急東横線「都立大学駅」から徒歩2分の場所にあります。見た目のアンチエイジングも大切ですが、それにプラスしてお口の中をいつも清潔にしておくことで、健康寿命を少しでも長く延ばしていただきたいと思います。医療はサイエンス。私は常に、真摯な気持ちで病気と向き合い、みなさまのお口の健康、全身の健康をサポートさせていただきます。

※上記記事は2018年2月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

歌橋 麗華 院長 MEMO

  • 出身地:東京都
  • 趣味:ゴルフ・読書・音楽鑑賞
  • 好きな本:松本清張
  • 好きな映画:オールジャンル
  • 好きな言葉:ご縁
  • 好きな場所:静かなところ(図書館や音楽ホール)

グラフで見る『歌橋 麗華 院長』のタイプ

穏やかでやさしく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかでやさしく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の口コミ
  • YouTube 患者の口コミ
  • YouTube 病院徒歩ルート