目黒区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・口コミサイト

院長先生

― 歯科医師(目黒区)―

新井 なぎさ 院長/山手デンタルクリニック(中目黒駅・歯科)の院長紹介ページ

新井 なぎさ 院長

NAGISA ARAI

すべてを知った上で
患者さんに治療を選んでいただく

大学を卒業後は矯正科に籍を置き、認定医を取得後に勤務医となりました。『山手デンタルクリニック』は、1997年に開院いたしました。

新井 なぎさ 院長

新井 なぎさ 院長

山手デンタルクリニック

目黒区/中目黒/中目黒駅

  • ●歯科
  • ●矯正歯科
  • ●小児歯科
  • ●歯科口腔外科

「こんなにつらいもの、なくなってしまえばいいのに」と思ったことがきっかけ

新井 なぎさ 院長

お恥ずかしい話なのですが、小さい頃は本当に虫歯で苦しみまして。歯医者さんに朝1番に並ぶのが、夏休みの課題といったような有様でした。歯科医師を志すようになったのは、「こんなにつらいもの、なくなってしまえばいいのに」と思ったことがきっかけです。自分自身が歯医者さんになることで、虫歯をなくしてしまいたいと思ったんですね。
もう1つ、私が小学生の頃、弟が矯正治療を経験しました。それまでねずみ男そのものだった弟が、みるみるきれいに治っていったのは驚きでした。「歯って動くんだ…」。その不思議さに興味を引かれた私は、以来、矯正医になりたいと思うようになったのです。
大学を卒業後は矯正科に籍を置き、認定医を取得後に勤務医となりました。勤務医時代は、割合としてはもちろん矯正が主でしたが、一般歯科にも関わっていきました。その経験が、今の私の診療スタイルに色濃く投影されています。
『山手デンタルクリニック』は、1997年に開院いたしました。実は、それ以前から私はこの辺りに住んでいました。もう、20年以上ということになりますかね。開業をするなら慣れ親しんだ街で、と考えたのです(東急東横線・中目黒駅より徒歩5分)。

包括的に診ていくべきだと考えています

新井 なぎさ 院長

矯正医であることは間違いないのですが、同じ歯に関することですから、包括的に診ていくべきだと考えています。たとえば矯正中に虫歯の治療が必要になり、他院にお願いするとしましょう。治療中は針金もとらなければなりませんし、結果、矯正の治療は遅れることになります。包括的に診ることの重要性に鑑み、私は一般歯科も勉強するようになったのです。
大学病院時代は無縁だった入れ歯も、勉強をしてみると興味深いことに気づかされました。矯正は歯のある方に対しておこなうものですが、入れ歯はその逆ですよね。前提が違うからこそ、また得るものは大きいですし、これから高齢化社会が本格的になるにつれて、ますます重要性が増していくと感じています。今の70代、80代より上の世代の方は、「歯が悪ければ抜きましょう」という時代を過ごしてこられました。その意味で、時代の犠牲になった部分もあるのですが、その方達の歯を少しでも残して、いつまでも元気に食事をしていただけたらという思いを持っています。
もちろん、限界というものはありますので、インプラントや抜歯に関しては、週に2回、専門の先生に来ていただいています。矯正を含め、あらゆる方法に通じ、みなさまの健康なお口を維持していくお手伝いをしていきたいですね。

子ども達への教育は非常に大事な部分

新井 なぎさ 院長

矯正治療はもちろんですが、ここ最近は小児を診ることに力点を置いています。子ども達が大きくなった時に、歯医者さんにマイナスなイメージを持ってもらいたくないし、できれば、歯医者さんは気持ちの良いところというイメージを持ってもらいたいですね。治療とは違いますが、子ども達への教育は非常に大事な部分だと考えています。
私は定期的に幼稚園で講演会をおこなっています。子供って本当に健気で、かわいいですよね。話している最中、こっちをじーっと見て目を離さないし、ばい菌が“あの形”のまま、いるって思っていたりして、本当にいじらしい。やはり、最初が肝心です。歯がどれだけ大切なのか。虫歯になってはダメだし、なくなったら、どこにも売っていない、かけがえのないものだよってことが、頭のどこかに残っていってくれればと思っています。

すべてを知った上で、患者さんに治療を選んでいただく

初診でいらした方には特に時間を掛けてカウンセリングをおこないます。レントゲンはもちろん、口腔内の写真を撮って、それを見ていただきながら、今何が起こっているのかを理解していただくことから始めていきます。いつも同じかぶせ物がとれる。そこには必ず原因があるわけで、その原因を知っていただくことは、治療の第一歩になります。
当院は女性の患者さんが多く、全体の割合からすると、6、7割ということになるでしょうか。必然的に、審美治療を望まれる方も多くなっています。セラミックに代表される審美治療は、その存在をご存知ない方も少なくありません。やはり、知らないまま治療を進めていくのはフェアではないと思うのです。ですから、なぜ自費治療の材料が良いのか、自費治療費が高くなるのはどうしてなのかといったことまで理解していただけるように努めています。当クリニックでは、すべてを知った上で、患者さんに治療を選んでいただく形をとっています。

これから受診される患者さんへ

歯は、命に直接関わる場所ではありません。確かに、1本歯がなくなっても、それで食事ができなくなるわけではありませんし、話せなくなるわけでもありません。でも、その1本が大事なんだよってことを是非理解していただきたいのです。
お口は食べ物を摂るということでは、消化器官の玄関口にあたります。また、病気ということを考えれば、糖尿病と歯周病の関係にあるように、全身の疾患に関わる重要な部分であることは間違いありません。多くの機能をつかさどる器官だからこそ、大事にしていただきたいと思いますし、わからないことがあれば何なりとお聞きください。
人の欲で、最後まで残るのは、食だと言われています。それを満たしてくれるのは、お口の状態が良いことが不可欠。いつまでも楽しい人生を送るために、歯を大事にする意識を持っていただければと思います。

※上記記事は2016.5に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

新井 なぎさ 院長 MEMO

  • 出身地:東京都
  • 趣味:温泉めぐり、合唱、旅行
  • 好きな作家:三浦綾子
  • 好きな映画:スター・ウォーズ、007シリーズ/ホラー(B級)
  • 座右の銘:石の上にも三年
  • 好きな音楽:オールジャンル
  • 好きな場所:海

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の口コミ
  • YouTube 患者の口コミ
  • YouTube 病院徒歩ルート