目黒区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 歯科医師(目黒区)―

浜中 大輔 院長/浜中デンタルクリニック(学芸大学駅・歯科)の院長紹介ページ

浜中 大輔 院長

DAISUKE HAMANAKA

虫歯治療から審美歯科まで
痛みの少ない精密な治療を行う

日本歯科大学卒業後、昭和大学歯科病院で臨床研修。たまプラーザや台東区の医療法人で研鑽を積む。分院長の経験を経て2014年、浜中デンタルクリニックを開院(学芸大学駅西口から徒歩0分)。

浜中 大輔 院長

浜中 大輔 院長

浜中デンタルクリニック

目黒区/鷹番/学芸大学駅

  • ●歯科
  • ●矯正歯科
  • ●小児歯科
  • ●歯科口腔外科

祖父から父母、そして自分へ受け継がれる歯科医師の家系

浜中 大輔 院長

私の家は父も母も歯科医院を営んでいました。私で3代目になります。小さいころから歯科医療が身近にあったせいか、必然的に自分も歯科医師になるものだと思って育ちました。卒業後は昭和大学歯科病院にて臨床研修を行い、たまプラーザの医療法人でお世話になり臨床経験を積みました。その後は台東区にある医療法人で5年間分院長として勤務。2014年、生まれた土地で大学時代の馴染みもある学芸大学駅で、浜中デンタルクリニックを開院致しました(東急東横線「学芸大学駅」 西口徒歩0分)。

歯科医院を感じさせない院内で精密な医療を提供

浜中 大輔 院長

クリニックの内装は患者さんに歯医者ということを感じさせず、解放感のある雰囲気にしたいと考えました。壁の色や床材にもこだわり、ガラスや鏡を使用して、明るい院内にすることを意識しています。
当クリニックはマイクロスコープと無痛治療を大きな特徴とした、総合的な歯科治療を提供するクリニックとして開院しました。昭和大学から専門医の先生に来ていただき、矯正治療にも対応しています。周辺は商店街や住宅地も近く、近隣にお住まいの1歳のお子さんから80代の方まで、幅広い方がいらっしゃいます。学芸大学周辺の方は歯に対しての意識が非常に高い地域です。虫歯になる前に予防を心がけている方が多く、当クリニックでも歯磨きのやり方やフッ素塗布を目的にいらっしゃる方がとても多いです。
院内の設備でこだわったのは、マイクロスコープと無痛治療に関する設備です。歯内療法やインプラント治療の為の歯科用CTも欠かせません。昔の歯科用レントゲンとの大きな違いは、歯の状態が良くわかること。歯や神経、血管、骨などの様子を立体的に把握することができるので、歯内療法やインプラントをはじめとした治療に大変役立ちます。インプラント治療ではCTでの撮影からコンピューター上で治療のシミュレーションを作成。インプラントを入れる時のガイド「サージカルテンプレート」というガイドを作成して、ガイドに沿ってインプラントを入れます。従来の手で入れる方法よりも正確・安全に治療を行えるのが特徴です。
また、子育てが一段落したお母さんがホワイトニングやセラミック治療など、ご自身の歯の治療に通われることも多いです。以前他院でうけた治療の古い差し歯や、色の会っていないセラミックを気にされて治療を希望される方もいらっしゃいます。当クリニックでは世界で活躍する熟練した歯科技工士と協力して審美治療にも力を入れています。こだわっているのは、ただ白く綺麗な歯を入れるだけではなく、その人のパーソナリティに合った治療です。歯ぐきの状態や口唇の状態、骨格の状態からみて全体的にその人にフィットするバランスの良い審美治療を行っています。

マイクロスコープと無痛治療を中心に幅広い治療を行う

浜中 大輔 院長

当クリニックで今後特に力を入れて行きたい治療は、患者さんからのニーズが多い無痛治療。そして痛みの少ない治療にも欠かせない、高倍率マイクロスコープでの治療です。歯科治療では痛みを理由に足が遠ざかる人も少なくありません。治療の際には表面の麻酔をしっかりと行い、麻酔薬は人肌に温めて、髪の毛ほどの極細の針で麻酔薬の注射を行います。また、レーザー治療器を導入しているので、無痛治療の一部としてレーザーも使用します。痛みがなく、虫歯や歯周病の治療を行うことが可能です。
また、これまでの歯科治療では大部分が医師の肉眼や勘に頼っていました。そのため虫歯の削り残しや根の治療で消毒しきれない部分ができてしまうこともありました。当クリニックでは肉眼の20倍という最高倍率の設備を導入。精密な治療を行うことができます。また、必要な場所にピンポイントで処置を行うことができるので、より痛みを感じない治療が可能になっています。今までの歯科治療で「虫歯などの削り残しがあるのではないか」「同じ根の治療を何ヶ月も行っているが改善がされないと感じている」「なるべく歯を削らない治療をしたい」と考える方は、ぜひ一度ご相談ください。

患者さんの全身に気を配ったカウンセリング

歯が痛いという場合には、まず痛みをなくすための処置を最優先して行います。お子さんの患者さんの場合、症状はもちろん親御さんからお聞きしますが、お子さん本人ともコミュニケーションを取りつつ、できるタイミングで治療を行っています。その後は歯の状態が悪化しないようにすることや、良い状態にしていくことが必要です。そのために当クリニックでは治療スペースとは別にカウンセリングスペースを設け、患者さんの希望を聞き、治療に反映させています。簡単にすんでしまう治療では必要ありませんが、体全体との関係をみて治療をしていく際には、きちんとした治療計画を立て患者さんにご提案します。口腔内写真などを用いて、患者さんのお口の状態に合わせ、現在の歯の本数、ブリッジとインプラントの違い、歯がなくなった場合にどうなるか…など資料とともに複数の治療プランを作りお渡ししています。また、患者さんの中には、歯の症状以外にも肩コリや頭痛など他の問題が現れていることもあります。口の中をみることはもちろんですが、ストレスや不定愁訴、肩コリ、頭痛などその人の全身をみて診断していくことを心がけています。

これから受診される患者さんへ

当クリニックは学芸大学駅西口からすぐの場所にあり、平日は20時、土曜も15時まで診療を行っていますので、通勤やお買いもののついでにお寄りいただくことが可能です。まずは、カウンセリングでお話を聞くことでも結構です。歯ブラシの使い方から審美治療まで、普段から気になっていることがあればご相談にいらしていただきたいと思います。
また、お子さんであれば歯が生えてくる1歳から歯科デビューが可能です。当クリニックでは、お子さんへのフッ素塗布は無料で行っています。フッ素は定期的に歯に塗布することで歯を強くします。お子さんの健康な歯を守るためにも定期的に歯科医院に足を運んであげて下さい。
当クリニックは目黒区の妊産婦歯科検診、成人歯科検診の実施医療機関にも指定されています。こうした制度も利用して、歯の健康維持をしていただければと思います。医師・スタッフ一同、歯科治療を通じてお子さんからご高齢の方まで、豊かな人生を過ごすお手伝いをできればと考えております。

※上記記事は2017年11月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

浜中 大輔 院長 MEMO

  • 出身地:東京都
  • 趣味:旅行、グルメ、HOTROD
  • 好きな本:歯学書
  • 好きな映画:30デイズ・ナイト
  • 好きな言葉:我包帯す、神、癒し賜う
  • 好きなアーティスト:エルビス・プレスリー
  • 好きな場所:布団の中

グラフで見る『浜中 大輔 院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート