目黒区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 歯科医師(目黒区)―

田辺 学 院長/タナベデンタルクリニック(中目黒駅・小児歯科)の院長紹介ページ

田辺 学 院長

MANABU TANABE

自分が受けたい治療
家族にも受けさせたくなる治療を実践

日本歯科大学新潟歯学部に学び、卒業後は渋谷にある国際デンタルアカデミーへ。一年間の研修を経て勤務医となり、噛み合わせを中心に研鑽を積みました。その後は、米・ニューヨーク大学歯学部へ留学。帰国した後は、勤務医としてさらに経験を重ね、2004年『タナベデンタルクリニック』を開設しました。

田辺 学 院長

田辺 学 院長

タナベデンタルクリニック

目黒区/中目黒/中目黒駅

  • ●小児歯科
  • ●歯科

同じく歯科医師だった父の存在が大きかった

田辺 学 院長

私が歯科医師になったのは、同じく歯科医師だった父の存在が大きかったように思います。実際のところ、建築の分野に進もうと考えたこともあったのですが、父の仕事ぶりを間近に見てきたことで、どの職業よりもリアルに仕事内容をイメージできたという側面もありました。日本歯科大学新潟歯学部に学び、卒業後は渋谷にある国際デンタルアカデミーへ。一年間の研修を経て勤務医となり、噛み合わせを中心に研鑽を積みました。その後は、米・ニューヨーク大学歯学部へ留学する機会に恵まれて、レベルの高い医療環境のもとに身を置いていた時期もあります。いわゆる「9.11」を機に帰国した後は、勤務医としてさらに経験を重ね、2004年『タナベデンタルクリニック』を開設しました。

メインテナンスのために受診していただけるようなクリニックでありたい

田辺 学 院長

歯科・小児歯科のタナベデンタルクリニックは、東急東横線・東京メトロ日比谷線「中目黒駅」から徒歩5分、山手通りに建つビルの1階にあります。私が好きなオレンジ色をテーマカラーにした院内は、明るく開放的なリラックス空間。歯科医院らしくないクリニックを作りたくて、時計やイスなどのインテリアにもこだわって選んだのですが、それは患者さんに安心して治療を受けていただきたいという想いからになります。痛くなってから来るのではなく、メインテナンスのために受診していただけるようなクリニックでありたいと願っているのです。ご自分のお口の中の状態を正しく理解し、適切なケアに取り組んでいただけるように。最新の医療機器を整えることはもちろん、分かりやすく丁寧な説明と確かな歯科治療によって、皆様の大切な歯を守るお手伝いをしたいと思っています。

負のスパイラルを断ち切って、「予防」に目を向けてくださるように

田辺 学 院長

当院では、患者さんのあらゆるニーズにお応えするべく、広く歯科治療全般に対応しています。なかでも積極的に取り組んでいるのが、予防歯科と審美歯科。生涯にわたって歯の健康を守り、ご自分の歯で美味しく食事を召し上がっていただくためには、予防とメインテナンスが欠かせません。また、歯の機能性やQOLを考えたとき、審美歯科には「きれいな見た目」以上に大きなメリットがあるのです。当院では、治療をスタートする前に口腔内写真、レントゲン写真の撮影をはじめとした検査を実施していますが、こうしたプロセスを踏むのは、ご自分のお口の状態を正しく理解していただきたいと考えているため。歯が痛くなってから歯科医院に行き、治療を終えて放っておいたら、また歯が痛くなる。そんな負のスパイラルを断ち切って、歯を守るための「予防」に目を向けてくださるように、それぞれの患者さんに最適な治療プランをご提案します。

自分が受けたい治療、家族にも受けさせたくなる治療を実践したい

私は、自分が受けたい治療、家族にも受けさせたくなる治療を実践したいと考えています。自分が嫌だと感じるような対応をすることはありませんし、患者さんの歯をいきなり削るようなことは決していたしません(笑)。どのようなケースであっても、しっかりと時間を取って治療プランをご説明し、きちんとご納得いただいた上で、治療を進めたいと考えています。もちろん、ピンポイントの治療をご希望の患者さんに無理強いをすることはありませんが、できることなら虫歯の治療が終わって通院終了ではなく、健康な歯をキープするためのメインテナンスへとつなげていただけるように。当院のスタンスをご理解いただき、末永いお付き合いをしたいと思っています。

これから受診される患者さんへ

当院の患者さんの来院目的は、治療が6割、定期健診が4割といったところでしょうか。今後の私の目標は、この割合を逆転させること。歯のメインテナンス目的の患者さんがメインになっていくことが、理想的だと思っています。「8020運動」をご存知の方も多いと思いますが、歯の残存本数は「食事を楽しめるかどうか」のほか、痴呆症などにも関わりがあるもの。たとえ今は自覚症状がなくても、将来的にどうなるのか? 何をすれば歯を残すことができるのか? 将来を不安なく過ごすためのアドバイスをさし上げることもできますので、何でもお気軽にご相談いただきたいと思います。

※上記記事は2015.12に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

田辺 学 院長 MEMO

  • 出身地:三重県
  • 趣味:サーフィン
  • 好きな本:時代物
  • 好きな映画:スター・ウォーズ
  • 座右の銘・好きな言葉:後悔しないこと
  • 好きな音楽:洋楽
  • 好きな観光地:静岡

グラフで見る『田辺 学 院長』のタイプ

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすいタイプ

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすいタイプ
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート