目黒区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 歯科医師(目黒区)―

川島 英進 院長/祐天寺えいしん歯科(祐天寺駅・歯科)の院長紹介ページ

川島 英進 院長

EISHIN KAWASHIMA

機能面はもちろん、審美的な側面にもこだわり
できる限り、やり直しのない治療を提供する

神奈川歯科大学歯学部卒業後、都内の歯科医院で幅広い分野での経験を積んだ後、2015年6月『祐天寺えいしん歯科』を開院(「祐天寺駅」より徒歩4分)。

川島 英進 院長

川島 英進 院長

祐天寺えいしん歯科

目黒区/祐天寺/祐天寺駅

  • ●歯科
  • ●矯正歯科
  • ●小児歯科
  • ●歯科口腔外科

これまでに培った幅広い経験を活かし、地域の皆様のお口の健康をサポートする

川島 英進 院長

中学生の時、叔父に矯正治療をしてもらったことで、「こういう職業もあるんだ」というところから始まりました。ただ、そのまま真っすぐに進んだわけではなく、実は高校の時、何をやりたいのか決まっていませんでした。
当初憧れたのは叔父が手掛けていた矯正歯科でしたが、知り合いに誘われてある先生のセミナーに参加したことで、進む道が変わりました。そこで初めて、この世界の奥深さを目の当たりにし、以後、補綴やインプラント、歯周病といった幅広い分野で研鑽を深めていくようになったのです。
2015年に『祐天寺えいしん歯科』は開院いたしました。これまでに培ってきた技術と経験をいかしながら、地域の皆様のお口の健康に少しでも寄与できればと思っています(東急東横線・祐天寺駅より徒歩4分)。

細部にもこだわり、やり直しのない治療を実現する

川島 英進 院長

できる限り、やり直しのない治療を。そして、削って詰めておしまいではなく、将来を見据えた治療を手掛けていきたいと考えています。
やり直しのない治療を実現していくには、細部にこだわっていく必要があります。一例をあげますと、当院では型取りをおこなう際もその日ではなく、また日を改めていらしていただけるよう提案しています。治療を終えてすぐの状態は、どうしても歯ぐきに腫れが生じています。その腫れがわずかであっても、ぴたりと合った質の良いものを作ることはできません。患者さんにとっても1つ手間を負担していただくことになりますが、私は、自分の家族にしてもらいたい治療をここでは提供していきたいと考えています。その人が本当に何を望んでいるか。スタッフも含め、しっかりと話し合って納得のいく歯科医療を提供していきたいですね。

機能面はもちろん、審美的にも納得いただける治療を

川島 英進 院長

機能面は当然のこととして、当院では審美的な側面を意識した治療を手掛けています。審美歯科と言いますと、皆さん、まずは材料の良し悪しを想像されるのではないでしょうか?しかし、審美歯科においては材料は1つの要素に過ぎないのです。
たとえば、歯ぐきの厚みや形状。それに対しての、かぶせ物の“立ち上げ方”。あるいは、正面から見て、1番目、2番目、3番目の歯の見せ方。これらを咬み合わせも考慮しながら作り上げていくのが、本当の審美歯科なのです。
私は小さな頃から、1つのものを作り上げていくことがすごく好きでした。その意味では、少し職人気質なところがあるのかもしれませんね(笑)。患者さんが納得のいくものを提供するのと同時に、自分自身の矜持に掛けて、良い治療を提供していきたいと思っています。

患者さんの利益につながるよう、あらゆるものを包括的に診ていきたい

歯科用CTがあることで、より正確な診断が可能になります。たとえばインプラント治療もそうですし、親知らずの抜歯についてもCTは非常に有用です。レントゲンで見ると神経が重なっているように見えても、CTで見れば3次元的にすべてが可視化できますので、より安全で確実な治療がおこなえるのです。
当院ではまた、お子さんのみならず、成人の矯正治療もおこなっていて、外部より矯正の専門の先生を招いています。CTの撮影もしかりですが、できる限り、当院ですべてを診ていきたいというのが私の希望です。患者さんの利益につながるよう、あらゆるものを包括的に診ていくことができる歯科医院を目指していきます。

これから受診される患者さんへ

できる限り歯を削ることなく、神経を抜くことなく、予防に重点を置いた医療を手掛けていきます。そして最初にもお話ししましたが、これ以上治療をしなくても済むような状態に導いていくのが私の目標です。1度拝見させていただいた方は、生涯に渡り、責任を持って診させていただきたいと思っています。お口のことで何かお悩みがあれば、どうぞお気軽にご相談ください。

※上記記事は2016.3に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

川島 英進 院長 MEMO

  • 出身地:東京都
  • 趣味:からだを動かすこと
  • 好きな作家:司馬遼太郎
  • 好きな映画:バック・トゥ・ザ・フューチャー
  • 座右の銘:一期一会
  • 好きな観光地:箱根、京都

グラフで見る『川島 英進 院長』のタイプ

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート