目黒区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 歯科医師(目黒区)―

田村 良 院長/田村歯科医院(都立大学駅・歯科)の院長紹介ページ

田村 良 院長

RYO TAMURA

患者さんのお悩みを傾聴し、苦痛を分かち合う
皆様が笑顔に「かえる」ようお手伝い

鶴見大学歯学部卒業後、都内の歯科医院で経験を積んだのち、2001年に都立大学より徒歩3分のこの地に『田村歯科医院』を開設。

田村 良 院長

田村 良 院長

田村歯科医院

目黒区/八雲/都立大学駅

  • ●歯科
  • ●小児歯科
  • ●矯正歯科

「手に職をつけろ」父からの勧めで歯科医師の道へ

田村 良 院長

父親は会社経営者で、幼い頃から「手に職をつけろ」と言われて育ちました。そんな父の勧めもあり、歯科医師か薬剤師になろうと思いまして。実は、物心つく頃から身体があまり丈夫ではなかったので、私にとって病院はとても身近なものだったんです。そういった経緯もあって、最終的には歯科医師の道を選び、鶴見大学歯学部に進学しました。大学卒業後は都内の歯科医院で経験を積んだのち、平成13年に都立大学にて『田村歯科医院』を開設しました。

「皆様が笑顔に”かえる”環境を目指す」カエルグッズが迎える明るい医院

田村 良 院長

当院は、東急東横線「都立大学駅」から徒歩3分ほどの、目黒通り沿いにあります。開業場所として都立大学を選んだのは、実家が近いこともあり、地域の皆様の歯の健康に寄り添えると思ったからです。患者さんは、お子さんから忙しいビジネスパーソン、ご高齢の方まで幅広い年齢層の方がいらっしゃいます。そして、来院される患者さんを最初にお迎えするのは、カエルグッズが溢れる明るい待合室です。カエルをモチーフにしている理由ですが、妻に「カエルに似ている」と言われたことがきっかけです(笑)。歯科医院が苦手という方でも、リラックスしてお待ちいただけますよ。当院のコンセプトは、カエルにちなんで「皆様を笑顔に”かえる”環境づくりを目指すこと」。皆さまが快適な生活を過ごせるようなお手伝いができればと思っています。

正確な診断・治療をするために、3Dレントゲンやマイクロスコープを導入

田村 良 院長

当院は一般歯科や小児歯科、矯正歯科など基本的な治療はもちろん、インプラントや口臭外来といった、自由診療まで幅広く対応しています。その中でも特に力を入れているのが、詰め物と根の治療です。当院では、多忙な患者さんのために、ダイレクトフィリングという治療法を採用しています。マイクロスコープを使用し、より精密な検査・治療を提供いたします。
また、「正確な診断をするためには、正確な検査が必要」というのが私の持論です。「正確な検査」のためには、もちろん精密な画像が必要不可欠ですから、その一貫として3Dレントゲン「トロフィーパンプラス」という機器を導入しています。
3Dレントゲン「トロフィーパンプラス」は、主に親知らずの治療、根の状態の診断やインプラント治療で使用します。これを使うことにより、3D(立体)で口腔内を診ることができます。2Dではわかりづらい細かな形状がより鮮明にわかるので、正確な診断が可能になります。

患者さんのお悩みを傾聴し、苦痛を分かち合う

診療時に心がけていることは、「患者さんのお悩みを傾聴すること」です。お悩みを抱えていても、なかなか相談できない患者さんは多くいらっしゃいます。そもそも「歯医者さんが嫌い」で、恐怖心を持っている患者さんは多いですね。なので治療においては、患者さんとの距離を縮め、恐怖心を取り除くことが一番大切と考えています。そのため、治療に入る前にワンクッションを置いて、事前に患者さんの情報収集(ヒヤリング)は怠りません。歯科医院に悪いイメージを持っている患者さんは、嫌な経験をしてきた方が多いので、繰り返さないようにしたいんです。
せっかく当院に来ていただいた患者さんですから、「またか」とがっかりさせないように最善を尽くして治療に当たっています。
実は以前、「良い歯医者の選び方」というアンケートをとったことがあるのですが、「きちんと説明してくれる歯医者」という答えが多かったのです。最初に言ったように、ただ説明するだけではなく、患者さんのお悩みを傾聴して、患者さんの苦痛を分かち合うことが恐怖心を取り除くことに繋がっていくと考えています。これからも、患者さんのどんな些細なお悩みも拾っていきたいと思っています。

これから受診される患者さんへ

自分のことを知りましょう。お口の中のことだけではなく、性格・ライフスタイル・身体全体のことまで。自分のことを知らないと、いい治療ができません。自分の歯を守ることは、身体全体を守ることに繋がり、よりよい人生を送れることにも繋がります。私の場合、他の誰かがよりよい人生を送れるために、「自分は何ができるのか」と考えたとき、歯の治療に行き着いたのです。つまり、私にとって歯の治療は、患者さんの人生に奉仕していることになりますね。きっと皆様を笑顔に「かえる」お手伝いが出来ると思いますので、どんな些細なお悩みでもお気軽にご相談ください。

※上記記事は2016年5月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

田村 良 院長 MEMO

  • 出身地:東京都
  • 趣味:お出かけ
  • 好きな本:『覚悟の磨き方』
  • 好きな映画:『ネゴシエーター』
  • 好きな言葉・座右の銘:一期一会、実るほど頭を垂れる稲穂かな
  • 好きなアーティスト:いきものがかり
  • 好きな場所・観光地:日本の城

グラフで見る『田村 良 院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート