目黒区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 歯科医師(目黒区)―

落合 正英 院長 /おちあい歯科クリニック(西小山駅・歯科)の院長紹介ページ

落合 正英 院長 

MASAHIDE OCHIAI

すべては患者さんのために。
何でも相談できる街の歯医者を目指して。

神奈川歯科大学卒業。同大学附属病院勤務を経て、神奈川、東京で勤務医を経験。2011年、西小山に『おちあい歯科クリニック』を開設(東急目黒線「西小山駅」より徒歩2分)。

落合 正英 院長 

落合 正英 院長 

おちあい歯科クリニック

目黒区/原町/西小山駅

  • ●歯科
  • ●小児歯科
  • ●歯科口腔外科

何でも相談できるホームドクターを目指して

落合 正英 院長 

大学受験をするにあたって、何か資格のとれるところはないだろうかと考え、歯学部という選択肢に目を向けることになりました。どこか専門学校的な考えだったかもしれませんね。
医療への興味は小さい頃からのものでした。テレビで医療現場が映されていると、ずっとかじりついて見ているようなところがありましたし、耳鼻科や歯医者さんにもよくお世話になっていました。医療は世の中に必要なもので、その医療の世界をのぞいてみたいという単純な興味もあったのだと思います。
大学卒業後は付属病院で患者さんの治療をおこなうのと並行し、保存歯科の分野で専門的な研究のお手伝いをしていました。進路で最も悩んだのは、この時期でしたね。そのまま大学に残り、研究の道に身を捧げるのも1つの道。あるいは、外に出て、歯科医師としてのスキルを積むのも1つの道。悩みに悩んだ挙げ句、後者の道を選んだのです。
2軒目にお世話になった東京の歯科医院では、しっかりと計画を立ててリスクを予期しながら治療をおこなっていく、今のスタイルが形作られたと思っています。また、さまざまな先生と出会って学び得たことは、私にとってかけがえのない財産となりました。
『おちあい歯科クリニック』は、2011年に開設いたしました。クリニックにはお子さんからご高齢の方まで実に幅広い層の患者さんが来院されています。困った時に相談できる街の歯医者さんとして、これからも歩んでいきたいと思っています。

街の歯医者さんとして、地域医療に貢献していきたい

落合 正英 院長 

1つのことに特化していくのもそれはそれで尊重される考え方でしょう。しかし、私が目指す街の歯医者さんにとって大切なのは、何よりも地域の方々のためにあることだと思うのです。
その地域医療をに担う上で、非常に重要な役割を負っているのが地域の歯科医師会です。実は、歯科医師医会に入らなければできないことはたくさんあるのです。たとえば、学校や保育園、幼稚園の健診事業はその一例です。健診は、各自治体が主体となり、成人の方を対象にもおこなわれています。すでに定期的に歯医者さんに足を運ばれている方は別として、なかなか歯医者さんに行く機会のない方にとって、健診は1つのきっかけにもなります。
こうした行政と一体となって取り組めることが、歯科医師会に所属する大きなメリットと言えるでしょう。長い目で見ると、患者さんにとってもそのメリットは非常に大きなものだと思いますし、地域医療に従事していく上で、歯科医師会による活動は欠かすことの出来ないものと認識しています。

日本顎咬合学会 咬み合わせ認定医として、咬み合わせを中心にお口を診ていく

落合 正英 院長 

咬み合わせは、何をするにも非常に大事な要素です。お子さんを診るにしてもそう、矯正治療であれ、インプラントであれ、入れ歯であれ、歯科治療をする上で欠かすことの出来ない視点が咬み合わせです。たとえば補てつ物を入れるにしても、咬み合わせが適切なものでなければ、その持続性は保証できません。
ただ、咬み合わせをはじめ歯科治療は非常に奥の深い分野で、「これ」といった正解の治療法はありません。その人その人に合った咬み合わせというものがあり、患者さんを診ながらご希望をお聞きしながら探していくこともあります。もちろん、咬み合わせに限らず他の分野の知識・技術を常に研鑽し患者さんに有意義な選択をし、患者さんにとって、不調が全くない状態に持っていくのが私たちの仕事であり、診療全体にそれを貫いていきたいと思っています。

歯科医師としてのこだわり。安全と安心。そして……

1つこだわりがあるとすれば、それは衛生面ということになるでしょうか。当クリニックでは、高圧蒸気滅菌器「リサ」を導入しています。この器機は空気を真空状態にすることでより確実に、安全性の高い滅菌をおこなえることに利点があります。私がこれを入れた当時のデータでは、日本全体で10%に満たない導入率であったと聞いていますが、やはり、グレードの高いものはその能力もハイレベルで、患者さんの安心を担保するためにも、入れるべきと判断したのです。

それから、これはこだわりというわけではありませんが、医療に連なるものとして、お口だけではなく、全身への影響ということも考えていくべきと思っており、その一環として、東洋医学を学んでいます。東洋医学と言いましても、私が実際にここで鍼を打つわけではありませんが、漢方薬を含めた新しい考え方を自分の中に取り入れることで、将来的に患者さんに利益をとなることが提案できたらと思っています。
どの職業であっても同じだとは思いますが、この世界においても、一生勉強をする姿勢は必ず求められるもの。現状に満足することなく、時間の許す限り多方面に渡って研鑽を続けていきたいと思っています。

これから受診される患者さんへ

これまでも、そしてこれからも、お口のことで困った時の拠り所となれるよな歯科医院を目指しています。些細に思えるようなことでも構いません。お困りのことがあれば、お気軽にご相談いただければと思います。患者さんのためになることを第一に考え、誠心誠意、対応してまいります。

※上記記事は2017年3月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

落合 正英 院長  MEMO

  • 出身地:東京都
  • 趣味:野球、読書、メジャーリーグオタク
  • 好きな作家:奥田英朗、伊坂幸太郎、司馬遼太郎
  • 好きな映画:スウィート・ノベンバー(2001年・米)
  • 信条:全ては「患者さんのために」
  • 好きな音楽:洋楽全般
  • 好きな観光地:箱根

グラフで見る『落合 正英 院長 』のタイプ

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすいタイプ

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすいタイプ
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート