目黒区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・口コミサイト

院長先生

― 歯科医師(目黒区)―

横山 紗和子 理事長 & 楠本 雄生 院長/自由が丘歯科オーラルケア(自由が丘駅・歯科)の院長紹介ページ

横山 紗和子 理事長 & 楠本 雄生 院長

SAWAKO YOKOYAMA & YUKI KUSUMOTO

異なる分野のスペシャリスト達が
お口全体のバランスに配慮しトータルに治療

【横山 紗和子 理事長】東京医科歯科大学を卒業後、大学院でインプラントを学んだのち、インプラントメーカーに勤務。2014年に自由が丘駅より徒歩1分のこの地に開院。
【楠本 雄生 院長】東京医科歯科大学を卒業後、大学院でインプラントを学ぶ。2014年、『自由が丘オーラルケア』の院長に就任。

横山 紗和子 理事長 & 楠本 雄生 院長

横山 紗和子 理事長 & 楠本 雄生 院長

自由が丘歯科オーラルケア

目黒区/自由が丘/自由が丘駅

  • ●歯科
  • ●矯正歯科
  • ●歯科口腔外科
  • ●小児歯科

全ての過程に携われる点に惹かれて。また、人と話すのが好きなことを活かしたいと考えた先に

横山 紗和子 理事長 & 楠本 雄生 院長

【横山 紗和子 理事長】
父は設計士でした。私も建築をやりたいと思っていたのですが、ある方の一言をきっかけに、歯医者さんという道を意識するようになったのです。冷静に2つを比べてみますと、建築は大きな枠組みの中で、その1つの部分を担当することになります。その点、歯科医師は全ての過程に携われるわけで、私はその点に惹かれ、最終的にこの道を選択することとなったのです。建築に進んで欲しいと思っていた父をがっかりさせることにはなったのですが(笑)。
東京医科歯科大学を卒業した私は、大学院でインプラントを学んだのち、インプラントメーカーに勤務しました。私には、良い治療を効率よく広めていくという人生のテーマがあります。どれだけ良い治療をしたとしても、自分で診ることのできる患者さんの数には限りがあります。もし自分と同じ考え方で治療に取り組める人を得られれば、その数は数倍におよぶことでしょう。メーカーで新しい治療技術の研鑽に努めることはその考え方に適うと思いましたし、私個人としても、非常に得難い経験をさせていただいたと思っています。
『自由が丘オーラルケアクリニック』は、2014年に開院いたしました(東急東横線/大井町線・自由が丘駅より徒歩1分)。
自由が丘は、私にとって小さい頃から馴染みのある街であり、同時に、非常に魅力的な場所でもあります。患者さんは、半年に1回をめどにメンテナンスに訪れていらっしゃいますが、その目的が歯医者さんだけではもったいないですよね。クリーニングの帰りにお菓子を買って帰る。そんな楽しみがあっても良いと思ったんです(笑)。

【楠本 雄生 院長】
私は、おじいちゃん子でした。今でも、1番尊敬している人は祖父です。その環境もあったのでしょう、小さい頃から、おじいちゃんやおばあちゃんと話すことが大好きでした。人と話すのが好き。それを仕事に結びつけられないものかと考えた先に、今の道があったということなのです。
東京医科歯科大学を卒業後、大学院でインプラントを専門としました。横山先生は同じ大学院で、医局でも先輩ということになります。先生は私の、言わばメンター的な存在であり、クリニックの立ち上げから関わらせていただき、現在に至っているのです。

お口全体のバランスに配慮し、何もない状態を維持していく

横山 紗和子 理事長 & 楠本 雄生 院長

【横山 紗和子 理事長】
何かが起こっている時に治療をおこない、何もない状態を維持していくことがクリニックのモットーになります。1個の虫歯を診ることだけに終始するのではなく、お口全体を診ながら、トータルのバランスに配慮していく。その理念を表すものとして、“オーラルケア”という言葉を冠しました。
もちろん、患者さんの中には、「痛いところだけ治してくれればいいから」という方もいらっしゃいます。お仕事などで忙しく、仕方がないことと理解しますが、といって、私たちがそれをあきらめてしまってはなりません。うれしいことに徐々に理解を示してくださる方も増えていまして、最初はまったく熱心でなかったのに、生まれ変わったように通い続けるようになった方も多数いらっしゃいます。

曜日ごとの担当制を敷き、異なる分野のスペシャリストが治療を担当

横山 紗和子 理事長 & 楠本 雄生 院長

【横山 紗和子 理事長】
クリニックでは開院当初より、曜日ごとの担当制を敷いています。おこがましい話ですが、私にとって、良い治療を手掛ける先生を育成することは、大きな目的の1つなのです。幸い、今クリニックに関わっている先生方はみなさん、患者さんを本当に治したいという情熱を熱く持っている人達ばかりで、その人の人生に寄り添うことにやりがいを見出してくれています。また、それぞれが異なる分野のスペシャリストとして大学院等で学んだ経験を持っており、最新の知識と技術を持ち寄った良質な歯科医療を提供できる体制にあります。
1人の先生が、すべての分野においてスペシャルであることは非常に困難なこと。複数の目があることで異なる側面が見えてくることがありますし、より特化した治療が必要だと判断すれば、専門の先生にその場でお願いすることも可能です。
歯科医師1人ひとりが独立した現在のシステムは、あらゆる意味において、患者さんにメリットをもたらしてくれるものと確信しています。

マイクロスコープやCTを始めとした最新の機器で、歯科治療でおこなえることはすべておこなう

【横山 紗和子 理事長】
癌のような稀なケースをのぞいて、通常の歯科治療でおこなえることはすべて診させていただきたい、というのが私の信念です。それを実現するには、専門性を有した人材が必要になりますし、マイクロスコープのような最先端の機器が必要になってくるのです。
CTも同様ですね。CTがあることにより、状況を詳細に捉えることが可能になります。よく、歯を“抜かれた”ということを耳にすることがあります。これは、患者さんが状況をよく理解できないまま、治療が進んでしまったことによる弊害と言えるでしょう。骨がなくなり、歯が浮遊している状況をご自分の目で見ることができれば、そうした誤解もなくなるのではと考えています。
マイクロスコープやCTは、治療のみならず説明用のツールとしても有用です。そもそも、歯が悪くなった理由がわからなければ、治療はともかくとして、その先にあるケアをおこなう気にはなれないでしょう。十分な説明をさせていただくことが、治療の意味を再確認していただくことにつながっていくと考えています。

これから受診される患者さんへ

【楠本 雄生 院長】
話すことが好きなこともあり、カウンセリングには充分な時間をかけています。気になることは、なんでも仰ってください。仮にその場で答えることができないことも、お調べして、後日必ず返答させていただきます。不安がすべて解消され、納得していただいて治療に臨んでいただけるように心掛けています。

【横山 紗和子 理事長】
お口の中の病気のほとんどは、予防が可能です。どうしてかと言えば、その原因は、口腔内の菌、あるいは、噛み締め等に表れるストレスによるものだからです。この2つは、ご自身の日々のケアと、定期的なチェックによりコントロールすることができます。
事が起こっていれば、必要な治療はしなければなりません。でも本当に大切なのは、何も起こってない状態を守っていくこと。ご自身による日々のケアに加え、定期的にクリニックを訪れていただくことで、その目標を実現していきたいと思っています。

※上記記事は2016.6に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

横山 紗和子 理事長 & 楠本 雄生 院長 MEMO

  • 出身地:[理事長]東京都 [院長] 東京都
  • 趣味:[理事長]映画鑑賞、ゴルフ [院長]ランニング、読書
  • 好きな本:[理事長]教科書 [院長]ビジネス本・自己啓発本
  • 好きな映画:[理事長]トーマス・クラウン・アフェアー
  • 座右の銘:[理事長]恒常性の維持 [院長]目的は手段を正当化する
  • 好きな音楽・アーティスト:[理事長]静かな音楽 [院長]R&B、クラシック
  • 好きな場所:[理事長]地中海 [院長]南国

グラフで見る『横山 紗和子 理事長 & 楠本 雄生 院長』のタイプ

エネルギッシュで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

エネルギッシュで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の口コミ
  • YouTube 患者の口コミ
  • YouTube 病院徒歩ルート